チェロキーの神聖な色とその意味

チェロキーには、神聖な色があり、彼らは彼らの生活のあらゆる面でそれらの信念に続いています。 1900年のJames Mooneyによる「歴史、神話、神聖な式」ごとに、シャーマニスティックシステム内の色の象徴のための重要な部分がありました、チェロキーはそれに続いて対応する色を持つ各基本的な方向です。各色には象徴的な意味があり、シャーマンは色と対になっている精神を召喚するためにそれらの象徴的な色の知識を使いました。

以下はシンボリックカラーシステムです。

・東は赤で、成功と勝利を表しました

・北は青で、敗北とトラブルを表しました

・南は白人で、幸せと平和を代表しました

・西は黒で、死を表しました

ここでは、各色と方向をチェロキーに保有している各色と方向を見ます。

赤い男は東に住んでいて、力、成功、そして勝利の精神と考えられていました。彼らが戦士のための敵と保護シールドを打つときの戦いのあるときに赤い象徴的な成功と戦争クラブの色。赤いビーズは長寿命を保証し、病気からの回復を保ち、恋や遊びで成功をもたらした赤い精神を召喚したと考えられていました。

青い精神は北にあり、失望、失敗、または満足のある欲求の象徴です。 「彼らは青くなることは決してないだろう」という表現は、人が彼らの努力の失敗を経験することは決してないという表現でした。愛の魅力は、ライバルの恋人の青を変えるための努力で赤くて、同じ愛のために彼らの努力に失望しています。

南へは幸せと平和を示す白い精神です。部族は儀式的な住所の間に白い食べ物の上で食事をし、そしてその後彼らは白い道に沿って彼らの白い家に戻る前にゲームを踊ってプレーするでしょう。男が彼が愛した女性を愛したいと思ったとき、その男は、彼がいたところを暗示した、それは幸福でした。そしてそれがビーズ陽気に来たとき、彼は平和条約の間に使用された古代の石のパイプと同じ色であった白いビーズを着用するでしょう。

黒のスピリッツは西に住んでいて、いつも死の特徴でした。ブラックウォークラブは絶えず敵の魂を破壊し、それを聖体の魂を破壊し、ブラックビーズが司祭によって使われ、黒い霊を引き起こし、それを西に引き離し、それを黒い棺に入れ、そして黒い泥の中で埋めなさいそれの上の黒い蛇。

チェロキーの聖なる色とその意味は、カルマと運に最初に現れました。

You May Like

10-10 2023 Portal Opens
Autumn Equinox – Where Day Meets Night – And Manifestations Begin To Bloom
Discover Labor Day Savings On Spiritual Jewelry - Elevate Your Style and Spirit

Share Your Thoughts

コメントは、公開前に承認する必要があります。

0 / 600

4 コメント

  • Sara Harris

    My maternal Grandmother was Cherokee and Grandfather half Cherokee. I am very proud of my heritage and trying to learn more. I am currently doing family history and would love any help I can get.


  • Jill Clark

    I am of Cherokee blood; my paternal grandmother was half Cherokee and my family also look Native American and are very Proud


  • Diane

    I am of Cherokee Heritage. I have blondish auburn hair and hazel goldish green eyes with a distinct ring around the iris. I am an environmental scientist and I have a deep seeded love for trees. I feel lost for my roots and I was happy to read this article about The Cherokee and I appreciate you letting me read it.
    Thank you❤


  • Malinda deitz

    Wado it means a lot to me