世界中の精神的な根を伸ばす:なぜ私たちはインドからジュエリーを愛する

インドのジュエリー

私たちが米国から世界中の途中で旅行した場合、私たちはカルマと運を着た場所に着陸させることができます - インド。私たちのコレクションの多くはインドからの手作りの宝石類を含みます。

私たちはインドの職人と一緒に密接に働いて、その豊かな宝石の伝統を理解し、私たちのユニークなアクセサリーを飾った地元の本格的な宝石を見つけるために。

この南アジアの国は、ミレニアを通って遡る霊性と癒しの周囲の伝統を抱えています。その長い歴史は、世界で2番目に人口のある国の宗教、文化、政治に固有の影響を及ぼした広大な移行パターンを見ました。

イメージとヒンズー教の原理から国の異なる地域を定義する多様な部族や社会への原則から、インドの宝石類のデザインは、悟らされた意図を祝い、神の目的で探索する繊細なバランスを示しています。

インドのコレクションを店

インドの霊的癒しの伝統

他の有名なインドの伝統の広がりのおかげで、ヨガ - 世界はヒンズー教やアーユルヴェーダについて学びました。

インド

インドの宝石類のヒンズー教の象徴

ヒンズー教は、Eonsのために実際に行ってきた複雑な宗教であり、装飾が中心的な役割を果たしています。それがインドのジュエリーに広大な精神的な資本が含まれている理由です。世界中で、私たちはヒンズー教の信念に深く根ざしたエレガントなシンボルにうなずきを見つけることができます。

ヒンズー教の神話の中で、その神はインドからの動植物から成っている車両と動物の動物の動物や動物の中の動物の中で、そして時々、Ganesha卿のように動物と人間の特徴を組み合わせたアバターを採用するために頼っています。 象から頭を見た.

障害の除去剤として知られている、Ganeshaは象の魅力を着ると意味を刺激します。インドのこのユビキタスの姿に接続するには、 象の魅力 のように、光と美徳の道を追求するために着用者に強さと知恵を与える豊富なライトエレファントチャームブレスレット.

NS ハスの花 ヒンズー教の宗教に関係するもう一つの一般的なアイコンです。私たちが課題から新しいフロンティアに出現したときに私たちが見つけたときに私たちが見つけた純粋な美しさを象徴している、インドに原産の花。

NS寛大な心の蓮のイヤリングたとえば、私たちが私たちの目的を認識しようとするように、私たち自身や他の人のために信仰と思いやりを保つように私たちに思い出させます。

インドのビーズの宝石類

ジュエリーに埋め込まれたアーユルヴェーダの原則 

Ayurvedaは、最適な身体的、精神的、そして精神的な幸福を刺激するのを助けるためにインドの植物に見られる自然の薬草源に依存する癒しのシステムです。

ヒンズー教へのゆるいタイの関係で、象徴と積極的な身体的慣行を組み合わせて、個人に彼らの体に調整し、より良い健康を育むために促進します。 

Ayurvedaから派生した最も認識可能なコンポーネントの1つは チャクラシステム。私たちの体の上で、チャクラは私たちの骨盤から私たちの王冠まで7つの脊髄節に整列しますが、他の多くの神のチャクラも私たちの霊的軌道にも存在します。 

Ayurvedaは、不均衡な整列的なチャクラが私たちの一般的な活力とエネルギーの感覚に及ぼす影響を認識しています。

多くの場合、特定のチャクラに対応する石を着用するようなクリスタルヒーリングが規定されており、宝石類に着用されている金属もチャクラのバランスをとるように働きます。例えば…

インドからの手作りジュエリー

Ayurvedaはまた刺激と圧力を強調し、私たちの触感の感覚を救うための自然能力を実証しています。したがって、ジュエリーはアーユルヴェーダで癒しのためのツールとしてそのような体重を保持しています。

  • ブレスレット 私たちの手首を中心に移動する連続的なループとして円形のエネルギーを反映しています。
  • イヤリング 免疫とホルモンバランスに関連したキー神経に一定の圧力を確保してください。
  • ネックレス 首と胸に休んで、ハートチャクラに注意を向けています。
  • リング 身に着けている指に応じて、体の特定の領域を改善できる重要なエネルギーポイントを押します。

インドの文化的宝石の間の王冠の宝石

インドのすべてのユニークな宝石や職人の伝統をカバーするのに近づくために、私たちはそこに無数の文化や地域に触れるために全量の物品全体が必要です。しかし、特に1か所、ジャイプールの街は私たちの広大なものと深い関係を持っていますインドからの宝石類のコレクション.

ロイヤル遺産

ジャイプール ニューデリーから南に南に南に南の朝のフライトや列車への旅行の西インドの状態で休んでいます。ピンクの街を結婚し、ジャイプールはター砂漠の近くにあり、それを暑くて砂浜にしています。 Maharaja Sawai Jai Singh IIによって設立されたこの市は依然として芸術と宝石を備えた広大な都市宮殿を誇っています。 

もはや与えられた家族ではないが、王朝の王朝は宮殿の一部を占め続けており、多くの記念碑はJaipurのRependent Royal Historyに証明されています。 

Jaipur、MaharajasとMaharanisのキングスやクイーンは、ラジャスタンの地球にある宝石の豊富な宝石を楽しんだ。このように、ジャイプールは貴重な宝石や結晶の市場を開発し、宝石類の作りの芸術を磨いていました。

インドのメンズジュエリー、Essential Protection Hamsaネックレス 彼らが平和的な存在感をもってリードするにつれて、これらの石や古代の関係に頼っています。

砂漠の文化

Rajasthanの州は、過酷な砂漠の土地との聖体を発見したさまざまな部族の伝統を家にいます。繊細なバランスを理解している私たちの人間は地球を持っています、これらの文化は砂や石から春の豪華な贈り物、特に貴重な宝石を祝いました。 エメラルド そしてルビー。

彼らの中で ジュエリー作りの伝統銀の接地と安定性への銀の接続を反映して、銀はインドからの部族の手作りの宝石類に大きな役割を果たしてきました。ジャイプルでは、​​王家の伝統を守ります、 金工 エレガントなデザインのためにクリスタルや石を囲みます。 

なぜインドは私たちにとってそれほど重要であることです

国がとても多様に多様な国のために、インドについて学ぶことはまだたくさんあります。私たちが興奮している芸術家は、エキサイティングな色、深い霊性、そしてインドの文化に貢献した神秘的な影響を伝えながら誇りを持っています。 

これらのアーティストの広大な知識とスキルのために、インドの私たちの女性と男性の宝石類は、小規模な生産施設では手作りではありません。これにより、インドで作られたあらゆる作品には個人的なタッチとケアが吸学され、家に送られます。

ここからあなたの旅を始めましょう:私たちのインドのコレクションを買い物します

You May Like

10-10 2023 Portal Opens
Autumn Equinox – Where Day Meets Night – And Manifestations Begin To Bloom
Discover Labor Day Savings On Spiritual Jewelry - Elevate Your Style and Spirit

Share Your Thoughts

コメントは、公開前に承認する必要があります。

0 / 600